探偵業高収益モデル

浮気探偵調査・不倫探偵調査・結婚前探偵調査のミス・ミスシャーロックグループから、探偵業の高収益モデルに関して解説いたします。

探偵業高収益モデル 探偵社 株式会社ミス・シャーロック

浮気調査・不倫調査 探偵フランチャイズ(FC)

探偵業高収益モデルの理由

探偵業高収益モデルの理由を、探偵フランチャイズ(FC)のミス・シャーロック株式会社が解説いたします、探偵業高収益モデルは、オーナー自身が、探偵として業務を行う場合と、企業として社員を雇用し行う場合で大きく異なります、雇用の場合は人件費・社会保険料金・雇用保険料金が発生してしまいます。

探偵社ミスシャーロックグループ 高収益モデル

 

ミス・シャーロックの実店舗収益モデル

ミス・シャーロックでは常にピーク時の売り上げを目指しています!

売上高・経費普通時ビーク時
売上高3,000,0007,700,000
宣伝費300,000500,000
人件費0~300,000500,000
諸経費500,00050,000
車両費500,000500,000
ロイヤリティー500,000500,000
経常利益2,270,0006,350,000

※オーナー・パートナーの場合人件費は0円になります。